基礎年金のいろはについて

国民年金のしくみにおける基礎年金のいろはについて解説いたします。

基礎年金のいろはについてわからないところはたくさんあると思いますが、是非ともこの機会に勉強してみてはいかがでしょうか?

下記ページより気になるところをご覧下さい。

これまで長い間、頑張って働いて、支払ってきた年金。 65歳を過ぎて、自分がもらう側になったら一安心、というわけでもなく、実は、様々な、ややこしい仕組みや、選択肢があり、うまくそれらを、チョイスしないと、損をしてしまうことだってあります。

例えば、 60歳を過ぎた際に、まず選択を迫られるのが、基礎年金の繰り上げ支給と繰り下げ支給。

繰り上げ支給は、 60歳から、年金を受給できる代わりに、年金額は減額され、その金額はずっと変わることがないという制度。

対して、繰り下げ支給は、 65歳以上になっても、まだ収入のある方などが、年金支給開始の年を先延ばしできる代わりに、貰える金額は、増額されるという制度です。

ただ、収入のあてがないから、繰り上げ支給、収入のあてがあるから繰り下げ支給と単純に選んでしまうと、逆に損をしてしまう可能性もないとは限りません。どちらを選べば、あるいは、何歳から年金を受給すれば、得なのか、綿密に計算をした上で、受給開始年齢を、選ぶことが必要になるのです。


サブコンテンツ

モバイル環境で見たい方へ

スマホ最適化サイトも用意しています。
以下のQRコードを読み込んで頂ければ、URLが出てきます。

このページの先頭へ