年金の未加入者や保険料滞納者について

国民年金の加入対象者なのに未加入の人や、加入はしたが滞納している人がいます。
そういう人が妻子を残して死亡した場合、遺族給付が出ないことがあります。

保険料を払っていないわけなので、しかたのないことです。
しかし、残された遺族はたまりません。

こういう不幸をまねかないためにも、未加入者や滞納者の人はすぐに手続きをしましょう。

特に、全く保険料滞納していたというのならば、
あらかじめ貰えないと予測がつくのですが、保険料ちゃんと支払っていたと傍目からは思われても、実は、保険料をきちんと支払ってきた家族は、以下の理由から判断されるためです

  • 保険に加入していた期間のうち3分の1を超える期間、滞納していない事
  • 65歳未満の方の場合、死亡の前日の過去1年間に滞納期間がないこと

以上の2つの要件のうちどちらかを満たしていれば、少なくともその亡くなった方の側に関しては、給付の要件を満たしていることになります。

あとは、遺族の方が給付の要件を満たせばいいわけですが、特に注意が必要なのは「加入期間のうちの3分の1以上の滞納ない事」という条件」です。

この件に関しては、厚生年金だけに入っていた方はまず心配することはありません。厚生年金は、給料から天引きされているからです。

しかし、学生であった期間、自営業者であった期間、無職であった期間が長い方は、そのつもりがなくても、計算ミスなどで、

年金を払っていない期間が長かったことがありますので、自分が元気なうちによく確認しておいて、遺族の方を困らせることのないようにしてください。

サブコンテンツ

モバイル環境で見たい方へ

スマホ最適化サイトも用意しています。
以下のQRコードを読み込んで頂ければ、URLが出てきます。

このページの先頭へ